La crème de Mûres sauvages
瓶詰め完了!

“la crème de mûres sauvage(クレーム・ド・ミュール・ソバージュ)”
“野生の桑の実のお酒”

flag_fr

J’ai passé de très bonnes vacances dans le sud ouest ! Il faisait toujours très bon.
On a eu quelques orages pendant la nuit mais pas de pluie dans la journée ! Quelle chance !
Alors que j’ai eu beaucoup de temps libre, Je n’ai pas écrit de nouveaux articles… mais j’ai quand même fait beaucoup de sucreries !
Alors, je vous en présenterai certaine…

1ére recette de mes vacances, c’est la crème de mûres sauvageque je voulais faire depuis longtemps !

flag_jp

今年の夏のバカンスは、フランス南西部でのんびり過ごしました。 晴れの日がつづき、35度まで上がった日もありましたが、湿気もなく爽やかなので、きもちよーい夏日を満喫!
日本人には信じがたい話ですが、4週間もの夏休みをいただき、時間はたーっぷり!あったんですが。。
ブログの更新ずっとしてなくってすみません><
いい訳ですけど、バカンス中もお菓子作りはさぼってませんでした!おって紹介していくつもりです。

さて、今回はずーーっと作りたかった、野生のミュール(桑の実)で作った、お酒のお話です。 “la crème de mûres sauvage(クレーム・ド・ミュール・ソバージュ)”


flag_fr
Je me faisais une règle de chercher des endroits où il y a des mûres pendant mes vacances.

Les 3 photos ci-dessous sont « Le Canal du Midi » où je faisais du Jogging le matin et je me promenais le soir après manger.
Il y avait plein plein de mûres le long du canal !!
Alors, j’attendais avec patience que les mûres deviennent bien noires ♡ 

flag_jp
バカンス中の毎日の日課は、桑の木探し。お散歩コースを色々試して歩きました。
下の写真は、朝のジョギングや、夕飯後のお散歩に通った“カナル運河”沿いの遊歩道です。
運河のまわりでは、野生のミュールをたくさん発見!

8月あたまはまだまだ実が青く、甘みが増すのはもう少し先。熟して黒くなるのを日を数えながら待ちました ♡
中旬をすぎてやっと、日当りの良いところからぽつぽつと黒い実がみつかりだします。

canal de midi

canal de midi
カナル運河沿いの遊歩道。
夏の強い日差しも
を、大きなポプラの並木が和らげてくれます。

un bateau direction Toulouse

un bateau direction Toulouse
カナル運河は、昔は交易の一端を担っていたのですが、今は旅行者の足に。
自家用クルーザーの旅も楽しそうです。

ガロンヌ河の上を通るかなる運河。 写真では、わかりにくいでしょうか?

Le pont de la canal sur La Garonne ガロンヌ河の上を通るかなる運河。
写真ではわかりにくいですが、河の上にかかる橋に運河が渡っています。


flag_fr
A partir de mi-aout, on commencer à les cueillir !
Il faut mettre un pantalon long et un top à manches longues car la plante est épineuse !

flag_jp
桑の枝はトゲトゲだらけです。
摘み取りには、長袖長ズボンで臨みましよう!

野生の桑の実

外にでるたびに目を光らせて桑の実ポイントを探した結果、
わんさかみつかりました♡うーん、田舎っていいなぁー。車通行止めになっていた空き地になっていた桑。真夏の太陽の下、2時間くらいかけて摘みました。

手のひらのうえ

8月半ばすぎからだんだん実に色が付きだします。黒に近いほど濃い紫色に熟れるまで、摘むのはがまん!
そっとひっぱると実がほろりと軽くはがれるくらいだ食べごろです。


flag_fr
J’ai voulu faire de la crème de mûre sauvage depuis longtemps. Attention! c’est avec les mûres sauvage! pas les mûres de super marché 🙂
C’est Francine qui est une amie de moi m’a fait goûté il y a 4ans au Normandie. Elle m’a préparé un verre de KIRE avec “la crème de mûres sauvage” Il était super bon !! très parfumé et jolie couleur….!
Malheureusement je n’avait pas trouvé d’occasion d’aller chercher des mûres sauvage au saison.
Alors,J’ai donc la fait avec des mûres Bio que j’ai acheté au super marché.
ils étaient bons mais…c’était pas délicieux autant que la sienne.

flag_jp
4年前の夏休み、パティスリーの名物売り子さんのフランシーヌの故郷、ノルマンディーのお宅でいただいた、キール。 フランス定番の食前酒ですが、あまりの美味しさにびっくり!フルーティな香りも、色合いも、なんとも食欲をそそるものでした。 美味しさの秘密は、白ワインと割った、手作りの“la crème de mûres sauvage(クレーム・ド・ミュール・ソバージュ)”だったのです。
それ以来、ずっと再現したかったこのお酒。無農薬の桑の実を買っては作ってみたりしたのですが、野山に実った桑の実でないと、今一歩な感じなのです。
4年の充電期間を経て、この夏ついに、フランスの田舎でゆっくりする機会を得たのですから、これはもー作るしかありません!

※ちなみに、白ワインに果物のリキュールを混ぜて作るのが、いわゆる“キール”で、 シャンパンと混ぜて作るのが、“キール・ロワイヤル”。


さて、肝心の作り方です。

①桑の実を、たっぷりの水をためたバケツの中で、洗います。
②水気を切ったあと、ふきんなどの上にとり、乾かします。
③ボールにあけた赤ワインの中に桑の実を入れ、荒くつぶします。
(今回は、ボルドーの赤2本に、桑の実をカフェオレボールたっぷり2杯)

ボルドーワインと

ボルドーワインと

つぶしてるとこ

つぶしてるとこ

④密閉式の瓶などにいれて、48時間冷暗所におきます。
⑤鍋にうつし、熱をつけます。沸騰しはじめたら弱火にして15分ほど煮ます。
⑥あら熱がとれたら、フルーツ酒をコップ一杯ほど入れます。これを入れることによって、味がすっきりひきしまります。
(私は、自家製のオードビィを入れました。)
⑦目の細かいザルでこして、実をとりのぞき、瓶詰めして完了〜!

※清潔でしっかり密閉できる瓶をお使いください。使った赤ワインの空き瓶をそのまま保存用にとっておいても。
2、3年保存できますが、開封後は冷蔵庫に仕舞っておきましょう。

最低3ヶ月ほどお待ちください。クリスマスパーティや年末年始には飲み頃になりまーす♫  
ワインやシャンパン以外にも、サイダーなどで割って飲んでもおいしいですよ。


瓶詰め完了!全体

瓶詰め完了!丸っこい瓶はリモナーダという昔からあるフランスのサイダーの瓶で、断面がかくかくしている瓶は、フランソワーズから譲り受けたもの。レトロな感じがとても気に入っています♪

La crème de mûre sauvage

2 bouteilles de vin rouge
2 grands bols à café de mûres sauvages bien noires
800g de sucre semoule
1 verre d’eau de vie

Lavez les mûres délicatement et égouttez les.
Ecrasez les mures dans une bassine grossièrement, ajouter le vin et laissez macérer pendant 48h dans un endroit frais et à l’ombre.
Faites bouillir et laissez frémir pendant 15 min.
Ajouter un verre d’eau de vie pour relever le goût.
Retirez du feu et laisser refroidir.
Après avoir refroidi, passez au chinois pour enlever les pépins.
Versez la crème dans une bouteille.

Vous pouvez goûter après 3 mois de mis en bouteille. la crème de mûres peut se conserver 2 à 3 ans 🙂

Les mûres sauvages dans un bol à café français

Les mûres sauvages dans un bol à café français

Les commentaires sont fermés.